スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
日本的ビジネス慣行
★外国人から見た日本人の仕事の進め方は、ユニークなことが沢山あるらしいです。例えば何かを決める時に他社の事例、過去の事例があるからという理由で決まることも多いですが、確かに ‘横並び’であることにある種の安心感を持つことは事実であるように思えます。しかし今後益々ビジネス上の国境がなくなっていく中で、外国人を理解することと同時に、日本人を理解してもらう ためにも日本的な仕事の進め方がどのように見えているかを知っておくことも大切ではないかと思います。

★日本人が普通に使い分けていることの一つに ‘本音と建て前’がありますが、これは外国人には分かり難いと言えるでしょう。日本が長い間単一民族であったことで、全て話さなくても通じるようになったという説もありますが、少なくとも阿吽の呼吸という言葉もあるように、お互いが相手の意を酌むことが前提になっていると言えます。ですから仕事上の交渉でも、同じ「●●を検討しておきます」という中身が、それが建て前上の返答で「一応検討する」程度で、初めからその気がないこともあれば、本音の中でも「検討すること」自体が重要(目的)な場合もあれば、「次のアクションを決めるために検討する」といった前向きな場合もあります。何気なく私達が使っている本音も建て前も、外国人には正確に真意を伝えていく必要がありそうです。

★日本人特有の人との関係性を表した言葉に ‘和’(時には‘輪’) がありますが、これも時として外国人には分かり難いと思われます。何故なら時として他人と違う意見を言うことよりも、チームとしての和の方を尊ぶということがあるからです。もともと皆の前で自分の意見を言うことや議論することに慣れていないので、上司の言うことや大勢の意見などに流され易いと言えると思います。また、会議の前に大体の意見集約機能として ‘根回し’が行われることもありますが、それが実際の会議の時間より多く取られている場合も少なくなく、これも‘和’が乱れることを回避する一つの方法だと思われます。‘和’の尊重は大切なことだと思いますが、外国人には必ずしも理解されないということを私達も知る必要がありそうです。

中間管理職が日本の会社を支えているということも日本の特徴であると思われます。中間管理職が経営者の最終意思決定の手前までのお膳立てをすることが日常的に行われており、しかも大人数が実質的な意思決定に関わっていることが珍しくありません。日本では特定の誰が意思決定したか ということよりも、どのようにその意思決定がなされたか の方が重視される傾向がありますが、これは外国人には理解し難いところだと思われます。それは、うまくいっている時はまだ良いのですが、結果がおもわしくない時は責任の所在が曖昧になってしまうからです。個々の役割と責任の所在については、私達ももう少し明確にする必要があるかもしれません。

★私達が好むと好まざるとに関わらず、外国人とのビジネス上の関わりは増えていきますので、そのことを前提に日本的ビジネス慣行も進化させていきたいものです。




Kizuki Logo10

スポンサーサイト
[2011/09/25 23:24] | キャリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。