スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
経験則
自戒の念をこめて・・・

★ライバルが多いほど成長の機会も多い
ライバル企業がいない或いは少ない分野を攻めることは、企業にとっては一つの有効なストラテジーであると言われていますが、自分自身の成長のためにはライバルはいた方が良いと思われます。やはり自分では敵わない部分を持っている身近なライバルがいると、少なからず刺激されるものです。またライバルと自分を相対的に見ることによって自分の強み・弱みがはっきりすることも多いと思います。但し、ライバルが多過ぎて逆に自分が劣ってもさほど目立たないということもありますので、横並びの安心感には注意が必要です・・・

★夢が叶うと欲がでる?
手の届きそうな位の夢というのは良し悪しです。もちろん夢を実現させようと頑張ることは良いと思いますが、そもそも手の届きそうなものは夢というよりは挑戦目標的なものではないかと思います。そこでは夢が叶うと次の夢を追うような欲が出ますので、夢自体が徐々に小さくなっていくような気がします。あくまでも夢は現実から少し離れたところにあって、現実の世界の自分をワクワクさせるようなものにした方がよいかと思います。

★行動が習慣になれば自信につながる
言動の一致、有言実行など、行動については多くのことが語られていますが、そこに一貫性と継続性という要素が加わりますと、その人自身の信用性が益々高まります。そうしますと自分でも継続できることや信用されることによるモチベーションアップにつながり、自分自身に対して自信がついてくるようです。そしてその自信は次の行動を引き起こし、その行動が習慣化されまた自信につながるという好循環になりますので、行動の習慣化には常に気を配っていたいものです。



Kizuki Logo10

スポンサーサイト
[2011/10/01 01:30] | キャリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘旬’を創る | ホーム | 日本的ビジネス慣行>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kizukiresearch.blog.fc2.com/tb.php/18-9b7b73f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。