スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
時間を意識する
★有名なTVのプロデューサーの方が、集中して考えるために、毎朝電車の同じ車両の同じ場所に立っていたという話を聞いたことがあります。私はその話を聞いてとても意外だと思いました。と言いますのも、プロデューサーというクリエイティブな仕事をされているような方は、脳を刺激するために、どちらかというと意識的に「いつもと違うこと」をしているものだと思っていたからです。

★仕事などで少し行き詰ってしまった時など、視座・視点を変えてみることがしばしばありますが、確かに集中して考える時はむしろ同じ場所の方が良いのかもしれません。おそらく多面的に物事を考えられるようにするために脳に情報を蓄積すること と、解を見つけるために脳を回転させること とは違うということだと思います。

★例えば、いつもは電車で移動するところを歩いてみたり、図書館で専門書を読んでみることなどは、新たな発見を見聞きするためなので前者ということになります。言いかえますと、非日常の時間を作るということです。一方では、仕事場のデスクで就業時間前に一人で考える時や出張などの長距離移動の際の電車・飛行機の中で仕事をしたりする時などは、同じ場所、同じ行動の中で集中することができるので後者の時間を持つことができるのだと思います。これは日常の時間の中に集中する時間を作り出すということになります。

★しかし、仕事が忙しいあまり、仕事に追われてばかりいますと、実はこの非日常の時間だけでなく、集中するための日常の時間も案外とれていなかったりしますので、充分に注意が必要だと思います。第3の時間、流されている時間ほどもったいないものはありませんから、日頃から時間を意識する習慣をつけたいものです。





Kizuki Logo10
スポンサーサイト
[2011/09/02 23:20] | キャリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<専門性のモジュール化 | ホーム | 国際化の行方>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kizukiresearch.blog.fc2.com/tb.php/5-0d931439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。