スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
専門性のモジュール化
★以前このブログに、現在は見本のない時代で、見本を創ることができるチャンスがあると書きましたが(テーマ:見本のない時代に)、そのような時に個人の専門性、即ち知識やスキルといったものは、今後モジュール化されるべきなのでしょうか、それとも独自性を追求するべきなのでしょうか。

モジュール化と対比するものとして統合化の概念がありますが、それらと個人の専門性の関係性について3つの次元で考えてみたいと思います。まず第一に時間の変化への対応としては、以前から専門性の重要性は指摘されていましたが、例えば5年前に習得した専門性は同じ業界内ではどの会社でもそれを活用することができたとしても、現在はそのままでは通用しないということはよくあります。現在それを活かそうとするには、状況に合わせて専門性を改良しなければなりません。即ち、5年前にモジュール化した専門性を今新たに現状に擦り合わせて統合化することが必要なのだと思われます。

★第二に、場所の変化への対応としては、例えば以前いた会社で個人の強みとして磨いてきた専門性は、他の会社ではそのまま使えないというような場合です。以前の会社ではその専門性によって成功事例も多々あったかもしれませんが、それが他の会社では必ずしもワークするとは限りません。従って、ここでも以前モジュール化した専門性を別の会社の状況に合わせて統合化することが必要になるのだと思われます。

★第三に、モジュール化そのものの必要性の変化にどのように対応するかということについては、例えば5年前には専門性のレベルを明確にすることが求められていましたが、今はそれだけではなく、その専門性をどのように活かして新たな価値を創造することができるかといったことに焦点があてられています。即ち、価値の可視化をすることによるモジュール化の推進からモジュール化したものを現状に擦り合わせた統合化の推進へと形が変わってきているように思われます。

★これらの変化への対応は、基本的には個人の‘専門性’というモジュール化されたものが統合化されていくということですから、見本のない時代にはなおさらのこと、様々な状況に合わせてモジュール化だけではなく、統合化できることが求められるようになると思います。
 


Kizuki Logo10

スポンサーサイト
[2011/09/04 03:39] | キャリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<生産性の話 | ホーム | 時間を意識する>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kizukiresearch.blog.fc2.com/tb.php/6-fa345b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。