スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
足跡 (レジュメ)
★あまり若いうちから過去を振り返ってばかりいるのはどうかと思いますが、少なくとも自分の足跡をしっかり見ることは、その後の人生をより充実したものにするための第1歩のような気がします。

★レジュメを書くことに慣れている方、そうでない方、色々いらっしゃると思いますが、ここでは転職のためにレジュメを書くといった話ではありません。実は転職のために準備しておけるという以外にもレジュメを書くメリットがあり、しかも一石二鳥でもあると言えます。

★レジュメは主に自分の実績を書くためのものですが、いざ書こうと思ってもなかなか難しいものです。特に初めての時などは、何をどのように実績として書けばよいかさえ迷ってしまいます。しかし、冷静に振り返ってみますと、自分のやってきたことが どのように会社、部署などに貢献できたか などが確認でき、自分の自信にもつながっていきます。このことが第1のメリットだと思います。

★第2のメリットは、(たとえ転職をしなくても)人材紹介会社などと面談すれば、自分の実績が、マーケットの中でどの位価値があるのか を知ることができます。これは、色々な事情からなかなか社内ではできないことです。少なくともどの会社の場合でも、自社の中での価値が必ずしもマーケットの中の価値と等しいとは言えないからです。

★今一石二鳥のメリットをお話ししましたが、あることをしますと、レジュメを書くこと即ち自分を振り返ることが更に楽しいものにもなります。一度 「未来レジュメ」 を書いてみて下さい。未来レジュメとは、例えば自分の3年後のレジュメを今書いてみるということです。しかも公私共に書いておくと楽しさは倍増すると思います。もう少し具体的に言いますと、例えば公の部分では、3年後になりたい自分の姿、残したい実績、挑戦したい仕事、私の部分では、実現したい出会い、家族と過ごす長期休暇、旅したい場所などを時間をかけて考えて、過去形でレジュメに書いておくというものです。これを残しておきますと、半年なり1年毎に振り返った時、自分がその方向に動いているのか、動いているがなかなかレジュメ通りには足跡が残せていないのか、レジュメの内容どころかもっと多くのことを残せているのか、といったことを楽しむことができます。これは会社の評価に使う目標のようなものではなく「自分の未来を振り返る」 という楽しい試みとしてとらえるとよいのではないでしょうか。

★未来レジュメは、途中で何度書き変えてもよいのですが(実際、私も何度となく書き変えています)、描いたとおりに実現した時はかなり嬉しいものがあると思います。自分の未来を自分で描く・・・是非一度試してみてください。何か新たな発見があると思います。



Kizuki Logo10


スポンサーサイト
[2011/09/08 23:32] | キャリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<‘見える化’すると・・・ | ホーム | 生産性の話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kizukiresearch.blog.fc2.com/tb.php/8-44c41beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。